ゲーム

聖剣伝説3が面白すぎた!魅力的な理由を思い出と一緒にご紹介

投稿日:

 

こんにちは。

昨年「Nintendo Switch」用ソフトにて「聖剣伝説コレクション」が発売されました。

他の記事でも既に紹介されていますが、今回発売された「聖剣伝説コレクション」にはファンにとって非常に重要な要素があります。

 

それは今までリメイクなどされなかった「聖剣伝説3」が含まれていることです。

 

私は聖剣伝説に関して3しかやったことがありません。

聖剣伝説ファンと呼べるような者ではないのですが、聖剣伝説3が大好きであります。

プレステ世代の私ですが、今でもスーファミ時代の聖剣伝説3が楽しかったと感じます。

 

色々と忘れてしまっているところもありますが聖剣伝説3の魅力を思い出しながら紹介したいと思います。

 

実際にプレイしていたのは小学生の頃ですが、インパクトが強かった部分は今でも脳裏に焼き付いています。

そんな私が大好きだった聖剣伝説3について紹介します。

 

スポンサーリンク

聖剣伝説3の魅力

 

パーティの編成でストーリー分岐

まずストーリーにまつわる話です。

聖剣伝説3では、6人のキャラクターの中から3人選んでパーティを組みます。

さらに主人公を誰にするかで、敵対する勢力やラスボスが変わります。

このストーリー展開は「デュラン」「アンジェラ」、「ケヴィン」「シャルロット」、「ホークアイ」「リース」の組み合わせで3パターン存在します。

 

全てのストーリーとボスや敵と対峙するには3回はプレイしないと見れません。

 

これだけでもやり込み要素になります。

また、ストーリー展開で敵の攻撃も強さも変わります。

パーティの組み方によっても異なるでしょう。

 

さらに3人編成の組み合わせで会話の内容なども変わるのでストーリーの楽しみ方がかなり多いです。

 

全体で同じ流れで進む部分も多いですが、細かいイベントや会話も選ぶキャラクターによって異なります。

また基本的なストーリー展開は以下です。

 

  • キャラクター固有イベント
  • フェアリーとの出会い
  • マナの剣を巡る戦い
  • 神獣編
  • ラスボス編

 

神獣との戦いはかなり楽しかった記憶があります。

ストーリーもどちらかとネガティブなパターンも多いです。

アンジェラ、シャルロット、リース、ホークアイ、ケヴィンのデュランを除く主人公たちは悲劇的なスタートから始まります。

 

敵キャラの魅力もすごい

ストーリーによってラスボス編の敵やステージが変わりますが、その敵キャラの魅力もすごいと思います。

敵キャラだけではなく神獣なども魅力的です。

「堕ちた聖者」となって敵対するヒースもかなり人気があります。

 

個人的に好きなのは「美獣」イザベラです。

 

簡単に紹介しておくと、結構敵の最後も悲劇的というか悲しいエピソードがあったりします。

ヒースもそうですし、紅蓮の魔導士もそうですね。

敵対勢力の背景にあるストーリーもまた魅力的であり敵そのものにも魅力を感じます。

 

また神獣のデザインや必殺技なども攻撃されると怖いと感じるくらい印象に残ります。

 

タイトル画像にしている「ゼーブルファー」は初見はかなりインパクトが強いです。

必殺技のヘルサザンクロスはかなり強力で一気に全滅したことがある人も多いでしょう。

 

ググってみると「ゼーブルファー トラウマ」という予測キーワードがあるくらいです。

 

確かにかなり怖い造形ですからね。

おまけにめちゃめちゃ強いです。

しかし、そんな要素も魅力的に感じる人も多いでしょう。

 

 

個人的にはラスボスで唯一、二段階の変形を行う「アークデーモン」が好きですね。

固有の大技「カタストロフィ」も発動されると構えてしまいました。

 

クラスチェンジ

やはり聖剣伝説3ではクラスチェンジの魅力を外すことは出来ないでしょう。

聖剣伝説3では各キャラクターごとに「光」「闇」とさらに「光光」「光闇」「闇闇」「闇光」のパターンでクラスチェンジする事が出来ます。

クラスチェンジするとキャラクターの色が変わったり能力が上がる事で強くなります。

そして以下の違いがあります。

 

  • クラスチェンジによって必殺技が異なる
  • クラスチェンジによって使える魔法や特殊能力が異なる

 

クラスチェンジによってキャラクターが持つ能力や個性が変わります。

つまり、使いたい技などによって様々なクラスチェンジの選択肢があります。

 

何といってもこの技を使いたかったり見たくて何週もプレイした人もいるでしょう。

 

私もそうです。

ストーリー自体がパーティ編成で異なる事も魅力ですが、さらにクラスチェンジの内容によっても楽しみ方が変わります。

特にアンジェラの大型魔法やリースの召喚述に関してクラスチェンジ固有です。

 

 

作中の最強魔法である「エインシャント」もアンジェラで「メイガス」にクラスチェンジすれば使用可能です。

敵は容赦なく高出力攻撃を使いますが、主人公たちはクラスチェンジでそれぞれ取得すると使えるようになります。

初期状態は「クラス1」、光か闇に派生するのが「クラス2」、そして最終形が「クラス3」になります。

 

難易度もそこそこ

聖剣伝説3の難易度ですが、「そこそこ」だと思います。

めちゃくちゃ難しいわけではないですが、ストーリーを進める事を最優先に各ボスと対峙してもやられてしまうことが多いです。

つまり、ある程度レベル上げをきちんとして早めにクラスチェンジしていけばクリアは難しくないレベルだと思います。

もちろんテクニックがあれば低レベルでクリアも可能ですが、そこまでやり込める人だけだと思います。

 

そして結構敵が強く主人公たちよりワンランク上の必殺技も多用してきます。

 

簡単に言えば、主人公たちがクラスチェンジする前に敵はクラスチェンジ後の必殺技などを多用してきます。

特にニンジャの「ビル」「ベン」の「影潜り」、獣人「ルガー」の「青龍殺陣拳」と「朱雀飛天の舞」などかなり強力で、一撃で全滅もしくはHPゼロまで削られた人も多いでしょう。

また、これらは中ボスクラスなのですが、後半はもはや雑魚キャラも使ってきます。

 

通常のフィールドで出現する雑魚キャラもクラス3の必殺技を普通に使ってきます。

 

もはや雑魚キャラと形容して良いか迷うレベルです。

蜂みたいな敵は「光弾槍」を使ってきますし、獣人は「青龍殺陣拳」も「朱雀飛天の舞」を使ってきます。

ボスキャラはクラス2以上の必殺技を複数使ってくる上に固有の必殺技を持っているものもいます。

 

レベルが低かったり防御力が低いと後半の雑魚キャラに全滅させられることもあります。

 

しっかりレベル上げと装備の強化をすれば難易度はそこまでありませんが、怠るとこのような展開です。

わりと主人公パーティにシビアで、敵の方が圧倒的に攻撃のバリエーションがあったりします。

 

 

黒曜の騎士の「大地噴出剣」もかなり高威力です。

ボスはバリエーションが豊富で雑魚キャラは普通にクラス3の必殺技を使うので、簡単に物語を進めるのが難しい人もいるでしょう。

 

戦い方が人それぞれ

聖剣伝説3は自由にパーティを編成できるので戦い方は人それぞれです。

クラスチェンジの選択やストーリーの分岐で敵も変わりますが、先頭に置いて何を重視するかで選択肢が豊富です。

また戦闘自体もテクニックは別々です。

 

戦闘は基本的にヒットアウェイのアクションスタイルです。

 

攻撃して相手の攻撃をかわすのが基本的な操作ですが、人によっては真正面から殴り合いも出来ます。

逃げながら魔法重視でヒットアウェイで必殺技ゲージを貯めることも出来ます。

 

また魔法に関しては回復役にシャルロットを使うかデュランやケヴィンでクラスチェンジして回復できるようにするかなど選択肢が豊富です。

 

また回復はアイテムに任せて攻撃特化の編成も可能です。

人によって戦い方は様々で、「これが勝てるパターン」というのは自分のやり方で作っていけます。

 

スポンサーリンク

聖剣伝説3でのあるある(思い出)

 

朱雀飛天の舞で全滅

ネットで聖剣伝説3の情報を収集すると、やはり同じところでやられたエピソードがあります。

その中でも「朱雀飛天の舞」でググってみると「朱雀飛天の舞 全滅」と検索予測が出てくるほどです。

ルガー戦が最も多いのでしょうが、先ほど書いた通り後半は雑魚キャラも使ってきます。

 

攻勢だと思いきや一発発動されるだけ一気に全体のHPを持っていかれます。

 

攻撃のエフェクトもかなり高威力を想像させます。

青龍殺陣拳は背景が黒で朱雀飛天の舞は白です。

神獣編での月読の塔はカオスです。

 

普通の雑魚獣人がほとんどクラス3の必殺技を使ってきて正直神獣よりよっぽど強いです。

 

 

といっても月の神獣は波動拳(スパイラルムーン)の威力は高いですね。

ただ何発も「朱雀飛天の舞」を食らって登ってくるよりはまだマシです。

 

ゼーブルファーがトラウマ

これも前述の通りです。

ゼーブルファーは見た目のインパクトも強さのインパクトも必殺技のインパクトも全て強いです。

聖剣伝説3の中で最も印象に残る敵ではないでしょうか。

ゼーブルファーは最初は左右の2体と戦闘が開始して、一度倒すと本体が出現します。

 

そして「再生」を発動して左右を復活させて美形な本体が出てきたと思ったら「叫び声のような効果音」と一緒に「ヘルサザンクロス」を発動します。

 

 

そして高威力でです。

「ヘルサザンクロス」意外にも召喚系やダークフォースの全体攻撃やイビルゲート、デーモンブレスなど闇属性攻撃を多段で使用してきます。

ホラー+高威力なので「トラウマ」に近いインパクトがあります。

ただし、それだけの人気を誇るのが闇の神獣ゼーブルファーですね。

もしかしたらラスボスよりも苦戦した人が多いかもしれませんね。

 

ビル・ベンが強すぎる

これも前述の通り、やはり敵がクラス3の必殺技を多用してきて苦戦する人が多いです。

「朱雀飛天の舞」、「青龍殺陣拳」と違い、彼らが使ってくる「影潜り」は単体技なのでまだマシです。

マシですが一撃必中なのでかなり大ダメージをくらいます。

 

 

女性キャラクターとホークアイは防御力がデュラン・ケヴィンと比べると低いので致命傷になる事もあります。

私もここでかなり苦戦した記憶があります。

他にも忍術系の攻撃やステータス異常を起こす特殊技も使用して来る強敵です。

 

スポンサーリンク

聖剣伝説3もっと楽しむには

 

BGMも素敵

聖剣伝説3のBGMですが個人的には好きです。

ラスボス戦でのラストスパートでBGMが変化するのもシーンを盛り立てます。

また、マナの聖域の落ち着いた音楽も好きですね。

それこそゼーブルファー戦も暗いプレッシャーを感じるような重音です。

BGMも意識したらもっと楽しめると思います。

 

武器も最強装備

装備ですが、こちらもまた完璧に集めれば万全で、そういった装備をそろえるのもやり込み要素の一つです。

その最強装備ですが簡単には集めることが出来ません。

 

雑魚的を倒しまくり「武器防具の種」を入手してあとは運任せです。

 

武器が出てくるまでひたすら種を植える必要があります。

なのでレベル上げも含めてたくさん雑魚キャラを倒す必要がありますね。

 

隠れボスのブラックラビ

既にWikiにも載っていますが、隠れボスがいます。

アンジェラかデュランを主人公にしないと遭遇できません。

 

隠しボスもゲームの醍醐味の一つです。

 

私は聖剣シリーズよりもテイルズシリーズをたくさんやっているので隠しボスは大好きです。

ドラゴンズホールでしか戦えないので、興味があればチャレンジすると良いでしょう。

 

Nintendo Switch 本体 (ニンテンドースイッチ)なら遊べる

 

聖剣伝説3がようやく現代でも遊べるようになりました。

今ではAmazonからも購入できるようになりましたし、非常に便利な時代になりました。

私と同じように聖剣伝説3が好きだった人は、待ち焦がれたリリースでしょう。

もし聖剣伝説3が気になった人や、またやりたくなった人は少々大きな出費になりますが、Nintendo Switchを買えば遊べますので参考まで

 

 

 

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)は持ち運びもしやすいので遊びやすいのもメリットです。

聖剣1,2,3の全てがこの値段で遊べます。

聖剣ファンなら買って損はしないと思います。

3に関してはリメイクではなく完全移植版なので昔と同じストーリーや設定を楽しむことが出来ますよ。

 

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-ゲーム


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Fit Boxing(フィットボクシング)はダイエットにもコロナの運動不足にも最適!Switchを持っている人にはお勧め

  2020年5月半ばですが、未だに新型コロナウィルスの影響で自粛生活が続いている人も多いでしょう。 一部は緊急事態宣言が解除されてきていますが、まだコロナ発生前の生活には戻れていないでしょ …

クロノ・クロスの移植版を出して欲しいくらい好きな理由

  聖剣伝説3がニンテンドースイッチで遊べるようになり歓喜の渦に飲まれていたところ、クロノ・クロスについて思い出しました。 クロノ・クロスですが私にとってはとても思い出深い大好きな作品です。 …

聖剣伝説3のパーティ編成!お勧めと特徴を紹介

  聖剣伝説3では6人のキャラクターから主人公とパーティを選んで物語を開始します。 主人公によってストーリー展開が変わるのも楽しめる要素ですが、戦闘においてお勧めな編成もあります。 ストーリ …

スポンサーリンク



フリーランスエンジニアのなぎあです。

雑記ブログとして好きなように書いていますが、スパムが多いのでコメントを禁止しました。

旅行、アフィリエイト、病気について重点的に書いていきたいと思います。

仕事関連は別サイトに移行する予定です。

 

あとは最近は病気がちなので顔色真っ青です。

error: Content is protected !!