仕事

退職した人間を批判する人の心理3つと退職者の本音

投稿日:2018年3月12日 更新日:

 

こんにちは。

個人的な価値観と偏見ですが、会社を辞めた人間を批判する人について書きたいと思います。

どんな会社であっても退職する人は一定数存在しています。

社員全員が年収1000万以上なら辞める人が少ないかもしれませんが、人間関係がストレスになっていれば給料と関係なく退職する人もいます。

退職時の会社の振る舞いも会社の本当の姿を見る機会でもありますが、誰かが退職した後に周囲の人間がどういった振る舞いをするかも会社の文化や人間性を表現する機会になります。

 

辞めた人間を批判する人は人間性に問題があります。

 

もちろん、退職する事で残された人間に負荷がかかるのも当然なので、残った人が嫌な気持ちや迷惑だと感じるのも当然です。

しかし、その人が「辞めてしまった」理由を蔑ろにしてはいないでしょうか?

そもそも退職しなければ何も問題が無いのに対して、辞めた事実を批判している人はいないでしょうか。

また、こういったネガティブな話題を人前で堂々と口にするのも人としてどうでしょうか。

 

辞めた人間を批判してストレスを発散するのであれば会社では絶対に言ってはいけません。

 

そして、そういった発言を職場でする人とは一緒に仕事をするメリットがないと思います。

個人的な経験則ですが書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

辞めた人間を批判する人の心理

 

自己中心

辞めた人間を批判する人の心理として、まずは「自己中」であると思います。

理由は、「退職」という誰にでも権利がある事に対して、自分にその反動が来る事で仕事が増えたり辞める理由に納得できないなど、自分の環境や感情の変化ばかり気にしているからです。

他人が「辞める」事よりも、「自分の変化」ばかり気にしています。

人が辞めてしまい仕事が増えてしまっても、それは仕方ない事なのです。

 

文句を言っている人も本人が辞めた時には周囲は同じ思いをするのです。

 

自分は辞めるつもりはないとか、そういう感情論ではないのです。

そして、他の会社や現場でも同じように退職した人の仕事を誰かがカバーしているのです。

人がどうして辞めてしまうのか、どんな気持ちで毎日を過ごしていたのかを考える方が大切です。

 

自分の事に必死になり過ぎて他人を邪険に扱っているだけです。

 

そのような人の近くにいても、何も退職に関連する話でなくとも嫌な思いをする事もあるかもしれません。

自分の事しか考えてないからこそ、理不尽に他人を貶めるような事を言う人である可能性があります。

 

辞めた人の気持ちを考えない

退職者は自分が辞める事で職場に迷惑がかかる事も考えて、悩んだ末に「退職」を決意しています。

感情的になって退職したり、病気や止む負えない事情で退職する人ももちろんいます。

感情的になって退職する場合は、他人の迷惑なんて気に留めていないので、感情的になった時点で辞める側の人間性に問題があります。

 

しかしながら、悩んで退職を決意した人は「職場に迷惑をかける」ことと「退職」を天秤にかけて後者を選択しています。

 

つまり、残るより辞めた方が建設的であると判断しているのです。

それに対して、批判をする人間というのは「相手の気持ちを考えていない」からこそだと思います。

普段から相手の気持ちを考えているのか正直疑問です。

何度も書きますが、普通の感覚で退職を決意する際は「職場に迷惑がかかる」事を重々理解しています。

 

「迷惑がかかる」事を承知で退職するのは「それ相応の理由」があります。

 

その理由をきちんと理解せずに批判するのは、まるでその人のせいで退職したような印象があります。

実際に、会社で退職した人を批判している人の言葉を思い返すと「最初から辞めるつもだっただろ」など先入観で口にしている人もいました。

また「家族を理由に辞めるなんて卑怯だ」など。

 

退職者の退職理由は「本当」か「嘘」かは本人にしか分かりません。

 

本質的な事を考えずに退職者を批判をする行為は、個人的には喜ばしいものではありません。

嘘であろうが本当であろうが、辞めた事実に対して本人に理由を深堀してはいけませんが、考える必要があると思います。

 

会社に対する気持ちのギャップ

辞めた人を批判する人は会社や業務に対して気持ちが高ぶっている人が多いと思います。

「職場に迷惑がかかる」という事に関しても、今の業務に支障が出る事を気にしているから感情的になってしまうと思います。

また、会社が好きであれば「退職」する人を否定したい気持ちになるかもしれません。

 

しかし、会社は人によって見え方が違います。

 

今、あなたが見ている世界と他人が見ている世界は違う事があるのです。

「一緒に頑張っていこう!」と言う人もいれば「全然やる気にならない」人もいます。

それは人間である以上、仕方のない事です。

「一緒に頑張っていこう!」と言っているのに全然応えない人がいるときに「こいつはダメだ」などと思ったり口にする事があると思います。

 

その時に「なぜ」その人は応えないのか考えた事はあるでしょうか。

 

気持ちにギャップが出来る理由は必ずあります。

意欲が高い人が低い人一方的に糾弾するような関係であれば、それが原因の可能性もあります。

仕事に取り組む姿勢が高い事は良い事ですが、自分基準にしてしまうのは避けた方が良いと思います。

 

スポンサーリンク

退職した人の気持ち

 

表向きはポジティブ

退職する際に、本当にポジティブな理由で辞める人もいれば「建前」として前向きな理由を述べる場合もあります。

基本的に退職する場合は、その会社での仕事や人間関係に対して「諦めている」状態である事もあり、あたかも「悪い理由」で辞めるわけではありません、という後を濁さないための行動を取ります。

「諦めていない」人は、文句なり意見なりを発して良い方向に帰るための行動を取るでしょう。

 

どんなに明るい理由で退職しても一定数の退職者は必ず「辞める」という選択をするネガティブな理由があります。

 

退職前の面談などで理由をある程度聞く会社もあります。

そして、そこで退職者本人は本当の事を話していない事もあります。

人事が良くない会社で多いですが、表向きの「言葉だけを鵜呑み」にしてその裏にある本質を考えていない事が多いです。

もっとも、他人の気持ちを完璧に見抜き理解する事は難しく出来なくて当然だと思います。

 

しかし、「本当の理由」なのかどうか考える事は出来ます。

 

よく地方出身者が「実家に帰る」という理由で退職するケースもありますが、それはほとんど一時的な理由だと思います。

嘘をついて辞めることを後ろめたい人は、一週間か二週間くらい本当に実家に帰れば事実になります。

これは「理由」を取り繕うのに手っ取り早いからであって、退職の本質は別にあります。

辞める人の言葉を鵜呑みにして、「実家に帰る」をそのまま受け取ってしまうと本質に近づく事は出来ません。

 

批判される事を厭わない

前半部分で退職者を批判する人について書きました。

批判する事自体、人間性に問題がありますが、退職する人はその逆であると思います。

退職後に批判されているのは、本人には伝わらないですが決して良い行いではありません。

 

退職者はその後、辞める会社でどのような批判に晒されても構わない覚悟があります。

 

「辞める会社の事なんてどうでも良い」と割り切っている人もいるでしょう。

だとすれば、退職後に批判する人がいれば全て退職者の思い通りというか、考え方が間違っていなかった事を肯定します。

なぜなら「批判されて構わない」と思うのは「批判されるであろう」という気持ちや「批判する人がいる」という事です。

 

退職した人を感情的に批判している人は、そういった行動や環境で退職まで追い込んでしまった可能性も理解しておくべきです。

 

本当にやりたいことが見つかり、キラキラした形で退職する場合は応援してあげる気持ちになるでしょう。

また、追いつめられて退職してしまう場合は、感情をすり減らすような気持ちになるでしょう。

しかし、「良い会社」と言われる会社に共通するのは退職に対してネガティブな振る舞いをする人が少ないと感じました。

 

スポンサーリンク

最後に

退職者に対して批判をする人について書いてきました。

そもそも論で、退職という事実に対して批判するのは感情的である証です。

私も転職をしていますし、周囲で転職している人もいます。

同じ職場にいて辞めていった人ももちろんいます。

しかし、去る人間にどんな理由があるにせよ、退職を決意した人を批判する事は人間性を疑います。

むしろ、「おめでとう」と言いたいくらいです。

なぜなら本人が求める環境や目標が見つかったという事でもあるので、それは良い事だと思います。

そして、退職する人を減らしたいのであれば、本質を理解する必要があります。

 

本質を理解するというのは酷く難しい事ではありますが、本当に退職者を減らしたい時にはきちんと考える必要があります。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-仕事

関連記事

「自分も同じことをずっとやってきたんだ!」だから何でしょうという話

  こんにちは。 最近は仕事にストレスを抱え過ぎてネガティブな記事や愚痴のような記事ばかりを書いています。 こういった話は、どちらかと同じ気持ちを抱える人に共感してほしいと思って書いています …

既卒は良い会社に就職できなくても大丈夫

  こんにちは。 新卒の就職活動で失敗してしまったり様々な事情で既卒になってしまう人もいると思います。 最近は「就活苦」という言葉があるように、新卒の就職活動は戦場と化しています。 そんな中 …

確定拠出年金は若い世代にはメリットである

  こんにちは。 運用問題などで注目浴びやすい確定拠出年金ですが、若い世代にとっては良いものだと思っています。 私のような平成生まれの20代にとっては、確定拠出年金もそうですが年金問題が常に …

部下や後輩が言う事を聞かなくてムカつく!の原因をきちんと考えていますか?

  部下や後輩が言う事を聞いてくれずに頭にきている人もいるでしょう。 上司や先輩として仕事の指示や教育がきちんと出来ないと自分の評価にも影響します。 しかし、チームワークや協調性が大切な組織 …

一つの会社に長く勤める事で出てくる悪い傾向3つ

  近年は転職しやすい世の中になりつつありますが、一つの会社に長く勤める人もまだまだたくさんいます。 日本企業の文化では、基本的には3年は同じ会社に所属する傾向があります。 また、未だに年功 …

スポンサーリンク



フリーランスエンジニアのなぎあです。

雑記ブログとして好きなように書いていますが、スパムが多いのでコメントを禁止しました。

旅行、アフィリエイト、病気について重点的に書いていきたいと思います。

仕事関連は別サイトに移行する予定です。

 

あとは最近は病気がちなので顔色真っ青です。

error: Content is protected !!