日常生活

LinkedInを使ってみる。久々にSNSに登録してみた。

投稿日:

 

こんにちは。

SNS嫌いな私ですが、久々に登録しました。

登録したのはLinkedInです。

見て頂ければわかる通り、技術者であったりビジネスであったりSNSではありますが用途としては狭いコミュニティに属するためのサービスです。

適当に思いついたことを書いたり、繋がりを求めるよりは転職であったりビジネスの繋がりに優位なサービスですね。

もちろん、私のアカウントは晒しませんw

 

LinkedInですが、TwitterやFacebookと同様に様々なサービスと連携出来ます。

 

やろうと思えば、Microsoftのフォーラムプロファイルにも追加できます。

これは良い事だと思います。

LinkedInにはヘッドハンターがいます。

いると断言するのは、知り合いのエージェントが実際にLinkedInを使っています。

そして、その人から勧められたので今回登録するに至りました。

 

しかしSNSに臆病な私は各サービスと連携出来ていません。

 

実の所、インターネット上で人のためになる活動をしていきたいのですが、やはり実名を出すことは避けたいです。

また、LinkedInには同じ会社の人もいるので、ブログのURLを貼ってしまうと私が何を記事にしているかバレてしまいます。

技術系の記事に関しては、会社の知識かどうかグレーな部分があります。

 

そして私はペンネームを自分で作っています。

 

ペンネームなのに、本名のアカウントに紐づけるのは意味がありません。

本来はそういった技術知識をヘッドハンターに見てもらって声をかけてもらえるのがベストですね。

という事で、LinkedInについて個人的な事を書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

私のLinkedInの使い方

 

経歴の管理

自分の職務経歴をきちんと管理している人は少ないと思います。

以前勤めていた会社はわりと事細かに、どういった案件、お客様先で何を担当して何を残したか、どれだけの実績を出したかを1年おきにまとめる必要がありました。

もちろん、給料交渉のためにです。

今更ながらですが、これは非常に良い事だと思います。

 

過去に自分が何をしてきたか細かく記録を残さないと実績が消えていきます。

 

人間なので時間と共に忘れていく事も多いです。

いつどんなプロジェクトで何を担当してどんな設計をしたか細かく書いて残しておく事で備忘録にもなります。

忘れていても、その備忘録を見る事で鮮明に思い出せるくらいの内容は書いておくと便利です。

 

経歴は第三者にとっても有益な情報です。

 

転職を考えているなら尚更です。

また繋がりを欲するのであればまた効果があるでしょう。

私は技術者なので、より高いスキルを持った人との繋がりであれば拒否する事はないでしょう。

 

求人の確認

転職において、転職サイトに載っている求人が全てではありません。

予算や契約の制約で転職サイトを使用できない会社もあります。

しいて言うと、ブランド力がある会社ほど使わない傾向もあります。

 

わざわざ転職サイトに載せなくても求職者がやってきますからね。

 

ブランドがあればあるほど入りたい人が多いです。

なので、メディアで「こんな人募集しています」と発信するだけでたくさんの応募があるでしょう。

なので転職サイトで転職出来ない会社であればこういったソーシャルメディアで情報を発信しています。

 

LinkedInではそういった大手企業の活動について情報収集をしています。

 

今のところ、一般の方からコンタクトはないです。

逆に転職エージェントからは登録して1か月で3回くらいコンタクトがありました。

なので、まだまだ使いきれていません。

プロフィールもすべて埋めていないですしね。

私は外資大手に入りたいのでエージェントサービスは残念ながらスルーです。

 

良いと思う所

LinkedInの良いと思ったところはやはりビジネスが主体な事です。

あえてリンクは貼りませんが、SNSを嫌がる理由にイカれた人と繋がりたくないという理由を書きました。

みんなで楽しもうというサービスだとこういった類の人間に交通事故的に会ってしまう可能性が高いです。

 

しかしビジネス主体なので余計な情報が少ないです。

 

いちいち、「知り合いですか」みたいにアカウント表示されるのは嫌なんですけどね。

皆さん普通に実名で会社名も出してるから社内の人間ならすぐ分かります。

こういう風に登録している事を知られたくないのはSNSに向かいない人間そのものです。

 

ですが逆に彼らも転職やビジネスの繋がりを欲している証拠です。

 

要は見つけても見つかってもお互いさまなんですよね。

なので、普通のSNSほど苦痛ではありません。

むしろ、私は今までやってきた業務経歴を見てもらって他に役に立つことがあれば言ってくれても良いのですけれど。

Exchangeなんてしばらく触ってないなぁw

 

スポンサーリンク

最大限活用するには

 

実名活動をしていれば完璧

実名でビジネスや技術に対するブログを書いていて、Microsoftなどのフォーラムでの活動やOSSのコミュニティ活動などのプロフィールと連携したらかなり優位に働くと思います。

私も、ブログで技術記事を書いていますし、各種ベンダーのフォーラムや掲示板で啓蒙活動をしています。

これは純粋に、技術者として技術が好きで、その技術で他の人を助けたいからです。

これが本来、技術者に求められている事だと思います。

 

しかし、私はペンネームでの活動なので実名と紐づけられません。

 

先ほども書いた通りですね。

今年はOSSに参戦する事、英語で技術記事を書く事、GitHUBでプログラムを公開する事を目標にしています。

自己満足が多いのですが、それでも他の技術者のためになればと思っています。

そして、こういった活動って評価されると市場でものすごく評価されます。

 

もしこれらの活動が全て一つの人物に集約していたら注目を浴びる事もあると思います。

 

注目ってビジネスで重要です。

インフルエンサーになる事で企業活動が活発になります。

ある程度名前があれば、あとは今流行のエバンジェリストに命名してしまえば一気にトレンドになるかもしれません。

 

レベルの高い資格を載せよう

資格って勘違いされすぎていると思います。

逆に過大評価するつもりもありません。

しかしはっきり言えるのですが、

 

CCIEやOracle Plutinumを持っている人間が、実務経験が少ないから年収400万になる事はありません

 

絶対にないとは言いませんが、それ以上に貰える会社に入れます。絶対。

これは他のサイトでも書いていますが、求人に「CCNP歓迎!」とか「Oracle Goldクラス歓迎」とか書いてある時点で資格は市場で有効なのです。

基礎的な資格を並べるよりある程度の水準の資格は転職市場で有利に働きます。

 

そして努力しない人より努力する人の方が好印象です。

 

エンジニアの経験年数3年でCCIEとか持っていたら化け物なわけですよ。

もっと経験年数がある人でも受けるのに億劫になったりするのに、3年で取れたら怪物です。

そして、それは努力の結晶なのです。

資格より実務経験を重視するのは分かりますが、実務だけであれこれ言うのは資格コンプレックスです。

 

スポンサーリンク

最後に

LinkedInについて書いてみました。

Microsoft傘下になってからサービスが充実しているのかどうか分かりませんが、もっと幅が出てきたら私ももっと積極的に利用するかもしれません。

いやぁ本当にペンネーム問題はデカいです。

「これを書いているのは私です」と表に出たい気持ちもありますが、身バレが本当に怖いです。

何かおかしなことをしたら2chでディスられ、それが永遠にインターネットに残るわけです。

そりゃ死にたくなる人もいます。

2ch自体を批判したくもないですし、自分がそういった場面に遭遇するのも怖いです。

本当にSNSに向きませんね、私w

ぼちぼちLinkedInを使ってみて有益な情報があればまた記事を書きたいですね。

興味がある人はやってみても良いと思います。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-日常生活


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

最近Twitterを見て本当にやらなくて良かったと思う。闇が深すぎる

  こんにちは。 最近色々とあってSNSを見ていました。 私はほぼSNSには登録していないので、ネットから見れる範囲で見ていただけです。 ちなみに、以前私がTwitterとFacebookを …

人生で初めて禁煙に成功。禁煙の仕方と禁煙後の変化

  ついに以前から止めようと思っていたタバコを止めることが出来ました。 現在は禁煙して13日目、明日で2週間が経過します。 禁煙は思っていたよりも辛くここまで来れたのが不思議です。 &nbs …

東京でランチを500円以下に抑える理由とメリット3つ

  こんにちは。 私は最近平日のランチを500円以内に抑えるようにしています。 これまでは1000円近くのランチを毎日のように食べていました。 お財布に事情的には、独身なので別に大きな出費で …

嫌味を言う人は哀れな人。そんな相手への対処法について

  あなたの周りには嫌味を言う人はいるでしょうか。 自分が納得できなかったり感情的に受け入れられないことに対して、嫌味っぽくならないというのは人間である以上は難しいです。 しかし、多くの人は …

AliExpressで初めて買い物をしたが今はまだお勧めできない理由

  今、IT業界で勢力を増しているのが中国の「アリババ」グループです。 AliExpressはとても宝の宝庫となっていて、Amazonで品切れや販売停止になっている商品が見つかる事も多いです …

スポンサーリンク



フリーランスエンジニアのなぎあです。

雑記ブログとして好きなように書いていますが、スパムが多いのでコメントを禁止しました。

旅行、アフィリエイト、病気について重点的に書いていきたいと思います。

仕事関連は別サイトに移行する予定です。

 

あとは最近は病気がちなので顔色真っ青です。

error: Content is protected !!