仕事

システムエンジニアで25歳の私が35歳の人を教育していた時の話

投稿日:2018年2月18日 更新日:

 

私は25歳の時に35歳のおじさんの教育係になった事があります。

本職のシステムエンジニアをしている時ですね。

ちなみに、25歳なのに一回り近く歳上に仕事教えた俺SUGEEEEという話ではないです。

なんというか、その時のことを今更思い出したのですw

 

少なくとも当時の私は他人に仕事を教えるという経験をしたことがなく良い経験になったと思います。

 

背景から書いていくと、まず当時は派遣で就業していました。

ある会社のシステム担当者として配属され、そもそもですが10年以上在籍していた派遣社員の後釜として抜粋されていました。

なので、若返りや属人化など様々な理由がお客さんにはあったのでしょう。

 

ところがどっこいで配属3か月後に大きな組織改革がありました。

 

なんと指揮命令者の変更に留まらず6人チームで体制を組んでいたのが2人体制に。。

そして、その2人は私ともう一人の派遣さん。。

 

派遣社員しかシステムを扱えない状況になってしまいました。

 

何考えてんだこの会社?

 

と当時は思いましたよ。

でも無理やりでも仕事をこなさないといけないプレッシャーと、その期待に応えるために全力投球する自分に酔っていたので、なんというか状況はカオスでしたがスキルだけはものすごく伸びました。

半年くらいで元々プロパーの人がやっていた仕事もすべて出来るようになったと思います。

この段階で10年在籍した人の後釜としての役目は十分果たせたと思っています。

 

しかし、最後の難関が訪れました。

 

 

もう一人の派遣さんが退職しました。。。。。

 

これがどういう意味かお判りでしょうか。

現場来て半年ちょっとの25歳がシステム管理者になった瞬間です。

ついでに言えば顧客管理ステムです。

 

正直少し嬉しい気持ちもありましたよ、はい。

アイデンティティを見出せるだけの価値はある状況です。

 

そしてこれからが教育の始まりです。

 

それでは書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

35歳の人がやってきた

 

スキルレベルは皆無に等しい

やってきた35歳のおじさんですが、大手の子会社の子会社の子会社みたいな会社に転職してすぐ派遣されてきました。

スキルレベルについては新しい指揮命令者から話を聞いているとネットワークの知識があるような話を聞きました。

私は普通のルータやスイッチ、L3スイッチくらいまではコンフィグを書ける程度の知識があったので、ネットワークの知識がある事自体はポジティブに捉えていました。

 

ただし、当時扱っているのはシステムなのでどちらかと言えばアプリケーションです。

 

また、サーバは全てSPARC Solarisなのではっきり言ってサーバの知識がある方が良いと思いました。

ましてや、Oralce DBやWebLogicを使っているので、インフラの知識だけだと辛いかもなーーーと思いつつも、自分も今の現場に来る前はVMwareとRHELを担当していので、意外といけるかも?という感じで半々でした。

 

そして配属日。

 

 

Linuxって何ですか?

 

 

(・ω・)

 

まじかよ。。。。。。。。

 

 

これが率直な感想です。。

 

つーかSolarisはUnixです。。

そんな細かい事言っても仕方ないので、辛うじてTeratermくらいは使えるのでコマンドを教えます。

 

というかはっきり言いますが

 

ls

pwd

cat

 

こんな基礎的なコマンドを人から教えてもらった経験なんて私にはないですw

それなりに自分で勉強して検証して学習してきた知識です。(このレベルは学習するようなレベルでもない)

というかマニュアルに書いてあるでしょ。。

作業手順書の通りやればわかるでしょ。ってレベルです。

 

これが新卒なら喜んで教えますよ。

 

後々聞いてみると、社会人になって10年くらいネットワークのオペレーターをやっていたとの事です。

悪いですが、オペレーターのレベルなんてその程度です。

 

何でこんな酷い事を言うのかというと私もオペレーターをしていた経験があるからです。

 

正直、技術者としては高みを目指すならすぐ辞めた方が良いですし、オペレーターの知識が上流工程で活きる事もほとんど無いです。

上流工程を担当するエンジニアが何も見ずに出来る事を、オペレーターはマニュアルベースで仕事しているんです。

 

脱線しますが、オペレーターは1年で辞めた方が良いくらいキャリアを停滞させる職種です。

 

事実として、当時25歳のゆとり野郎にスキルレベルで見下されているのです。

見下す事に不快感を感じる人もいると思いますが、同じSEのであればよく分かるはずです。

システムエンジニアは技術力を提供して収入を得ています。

 

つまり技術力が高い人の方が高給取りで仕事がたくさんできます。

 

オペレーターを見下していますが、オペレーターの人であってもスキルが高い方が顧客も安心します。

また、オペレーター以上の技術力があれば上流工程で仕事をしやすいでしょう。

 

そんな仕事で10歳年上でLinuxのコマンドからスタートの人が来るのは絶望的です。

 

ただでさえ人が少なくなったうえに教育までしないといけない。

職場の事だけではなく技術の事に関しても。

その人が悪い人でも無かったのでまだ良いですが、就業開始から1か月は悲壮感MAXでした。。。

 

完全に新卒レベルだった

とにかくミスが多かったです。

技術的なミスであれば私の責任だと思えます。

仕事内容を把握している人がきちんと分かるように指示しなかったのであれば、私が叱責されて当然です。

そのくらいの責任感はありました。悲壮感が上回っていましたが。

 

35歳の人のミスはほとんどがコピペミスでした。

 

メール誤送信もしてましたね。

一番代表的なコピペミスです。

 

一番クリティカルだったのはSQLのコピペミスです。。。。

 

これ、私が構文をちゃんとチェックしなかっただとかは私の責任です。

しかし手順も何度かダブルチェックで一緒に教えました。

手順書もあります。

何ならSQLもマクロで生成しています。

ではなぜコピペミスをしたのでしょう。

 

唯一の違いが検証環境用のSQLと本番環境用のSQLで値が違った事です。

 

いきなりアプリのエンジニアが本番DBへ直接SQLを流すなんて相当な緊急事態です。

コピペミスでこう書くという事は、SELECT文ではないのです。

そう、彼は検証環境用のSQLを本番環境に流してしまったのです。

 

そしてUPDATEしたレコードをSELECTで確認もせずにCOMMITです。

 

なんで私が責められなければいけないのだろうと思いましたよ。

コピペミスなんて技術力以前の問題だし、彼は1度や2度の話じゃない。

社会人としての経験は彼の方が上なのだから、こんなレベルのミスを頻発しないで欲しいとも思いました。

 

ですが私はここで悲壮感が無くなりました。

 

何歳であっても知らない事は知らないですし、スキルレベルは運にもよって差が出てしまいます。

本当にきちんと見ていないと致命的なミスをしてしまう人もいるのだと。

 

そう思ったらやはり私が悪いと思いました。

 

出来る人がきちんと管理しないといけないのです。

出来る人とか書いていますが、その仕事を良く知っている人、経験値のある人という意味です。

教えても全部伝わり切るわけでもないです。

なので、念には念をという事です。

 

スポンサーリンク

その後

 

その現場は数か月後に離脱

そもそも私はその会社と派遣契約したのには理由があります。

一つはデータベースがやりたかったこと。

がっつりインフラエンジニアになりそうだったので、正直私はインフラエンジニアをやりたくは無かったのでアプリ寄りの仕事を探していました。

これが紛れもない一つ目の理由。

二つ目は、派遣先の指揮命令者に憧れていた事です。

おそらく今まで見てきた上司の中でも、ずば抜けてふざけてますが、ずば抜けてスキルが高くて、ずば抜けて統率力があります。

 

何も見ていないフリをして裏では私たちが仕事をしやすいように根回ししているようなタイプです。

 

何か困っていると、知らない間に解決していたりして、上司に聞いてみると

 

あれ面倒くさいよな!だから終わらせといたw

 

終わらせた…だと…!?

一体何を…

 

こんな感じですね。

普段、カクカクして常に眠そうにしているんですが動くと物事が早く解決するんですよね。

技術スキルに関しても当然ハイレベルです。

アプリの人なのに、サーバの話をすればブレードとかシャーシとかそのレベルまで語れます。

OSレベルまでは普通ですが、アプリ系でハードウェア語れる人って少ないと思います。

XSCFとかiLOとか、知らない人多そう。

 

そんな人なので当然他部署などにも顔が効いて、必ずメンバーを守るし誰も怒らせない説得も出来ます。

 

スキルと人格がともに優れ過ぎていると言えます。

 

しかし、大幅な組織変更で指揮命令者が変わりました。

 

その結果、二つ目の理由であるその現場の指揮命令者と仕事が出来なくなりました。

来て早々の事ですが、そこで理由を一つ失ったのは大きいですね。

その結果でしょうか。

 

1年で現場を出たいと担当営業に告げました。

 

そして、私の契約終了する数ヶ月前におっさんがやってきたという事です。

私の契約終了は決まり切っていたものです。

ですが、色々改心した私も真摯に教えておっさんも仕事を一人でこなせるようになったタイミングでフェードアウトです。

 

スキルレベルの低い人だけ残して現場から出ていくのは卑怯だとか言わないで下さいね。。

 

 

学んだ事

色々学びました。

まず私は自分の大前提が正しいと思いました。

 

仕事に年齢は関係ないという事。

 

若くても実力があれば人より大きな仕事が出来るし、報酬だって得られます。

歳上だからって何でも先輩ではないのです。

特に技術系は嘘がまかり通る領域ではありません。

 

私は初めて教育する相手が年上で良かったと思います。

 

歳下なら問答無用に可愛がるのでそもそも何も思いませんし、許せる事が前提です。

しかし、歳上はそもそも別だと思っていました。

技術力が無くても経験値の違いで吸収力が早かったり、それまでの経験でうまいやり方を見つけていけるものだと思っていました。

 

しかし、そうではなかった事もよく分かりました。

 

本当に馬鹿にしたいのではありません。

どんな年齢でも出来ない事は出来ないし、ミスするときはミスをします。

歳上なのにあれが出来ないとかこれが出来ないとか関係ないんだなって。

 

今の私もそうみられているのかもしれないですし。

 

簡単に言えば優しくなりました。

そして、私も見栄を張って出来ない事を出来るように振る舞う事の無意味さを知ったので、出来ない事は出来ないで良いと思いました。

歳下であっても自分より詳しい人には積極的に協力してもらおうと思います。

というか今は頼りまくりですw

学んだのは年齢とスキルは本当に比例しないという事ですね。

 

スポンサーリンク

最後に

私が25歳のおっさんを教育した事について書いてみました。

本当に良い経験だったと思います。

何より、歳上で自分よりスキルの無い人を見下しても仕方ないとはっきり分かりました。

なんというか、自分が逆の立場であれば物凄く仕事がしにくいでしょうね。

本当に嫌なやつだったと思います。

人間関係のストレスって一番キツイですからね。

自分がストレスを与える側にいる時って気づかないものです。

本当に反省です。

これから年齢は関係なく、出来る事と出来ないこと選別して誰も傷つかないように頑張っていきたいと思います。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-仕事

関連記事

「自分も同じことをずっとやってきたんだ!」だから何でしょうという話

  こんにちは。 最近は仕事にストレスを抱え過ぎてネガティブな記事や愚痴のような記事ばかりを書いています。 こういった話は、どちらかと同じ気持ちを抱える人に共感してほしいと思って書いています …

日本企業の無駄な仕事と口だけ成果主義は本当に何とかならないのか

  私は日本でしか仕事をしたことがありませんが、日本の仕事は無駄が多すぎると思います。 外資系などでは働いたことがありますが、「成果主義」の意識などを比較するとはっきり言って日本企業は「口だ …

給料や収入を上げたいならたくさんお金を使うべきだと思う理由

  私は給料や収入を上げたければ積極的に「お金を使うべき」だと思います。 一見、理解しがたいように思える人もいるでしょうが、私の中では確固たる理由があります。 私の経験則でしかないのですべて …

エレベーターのマナーが悪い!オフィスビルでのマナーが悪いと感じる人の特徴5つ

  こんにちは。 世の中たくさんのマナーがありますが、エレベーターに関するマナーについてもよく議論されると思います。 価値観は人それぞれなので、私自身これから書く内容は「私の価値観」でしかあ …

部下や後輩が言う事を聞かなくてムカつく!の原因をきちんと考えていますか?

  部下や後輩が言う事を聞いてくれずに頭にきている人もいるでしょう。 上司や先輩として仕事の指示や教育がきちんと出来ないと自分の評価にも影響します。 しかし、チームワークや協調性が大切な組織 …

スポンサーリンク



フリーランスエンジニアのなぎあです。

雑記ブログとして好きなように書いていますが、スパムが多いのでコメントを禁止しました。

旅行、アフィリエイト、病気について重点的に書いていきたいと思います。

仕事関連は別サイトに移行する予定です。

 

あとは最近は病気がちなので顔色真っ青です。

error: Content is protected !!